Blog
ブログ

オオカナダモが水路に...

query_builder 2022/07/28
ブログ

灘崎教室の近くに水路があります。その水路をよく見ると、葉っぱのようなものが大量に生えています。見たことがある見た目、理科の実験でよく使われるオオカナダモではないでしょうか?中学生の時、どんなところに生えているんだろうと不思議に思っていたオオカナダモがこんな身近なところに生えているとは思いませんでした。しかし、生えている量が尋常じゃないですね。駆除したくなるほどはびこっています。このオオカナダモ、実は外来種であり、琵琶湖でも問題となったことがあるそうです。その原因となるのが、やはり理科で出てくる有名な実験ですね。光合成を調べるなら日本の在来種を使えばいいのに、思ったときには後の祭りです。皆さんも実験をするときには気をつけましょう。

NEW

  • 比熱とは何か?「温まりにくく冷めにくい」の要因

    query_builder 2022/08/10
  • ヨーグルトを増殖

    query_builder 2022/08/09
  • 地球温暖化の原因物質「二酸化炭素」その理由は?

    query_builder 2022/08/08
  • 地球温暖化の原因第一位は?

    query_builder 2022/08/07
  • イチョウは本当に裸子植物か?

    query_builder 2022/08/06

CATEGORY

ARCHIVE