Blog
ブログ

イチョウは本当に裸子植物か?

query_builder 2022/08/06
ブログ

イチョウの木を見たことがある人は、臭いにおいのする実を見たことがありますよね。その中に種子があり、種子の中にぎんなんがあるのです。では、ここで裸子植物とはどんな植物だったかおさらいしてみましょう。裸子植物とは種子で増える植物のうち、胚珠(将来、種子になる部分)が子房(将来、果実になる部分)に囲まれていない植物のことです。しかし、ぎんなん(イチョウ)は、まわりが実のようなもの囲まれていますよね?これは、子房ではなく「外種皮」といわれる部分なんです。よって、イチョウの木は種子が子房のおおわれていないと言えるのです。ということで、イチョウにある実は「外種皮」であり、種子は子房に覆われていない。イチョウは本当に裸子植物だということがわかります。

NEW

  • 比熱とは何か?「温まりにくく冷めにくい」の要因

    query_builder 2022/08/10
  • ヨーグルトを増殖

    query_builder 2022/08/09
  • 地球温暖化の原因物質「二酸化炭素」その理由は?

    query_builder 2022/08/08
  • 地球温暖化の原因第一位は?

    query_builder 2022/08/07
  • イチョウは本当に裸子植物か?

    query_builder 2022/08/06

CATEGORY

ARCHIVE