Blog
ブログ

比熱とは何か?「温まりにくく冷めにくい」の要因

query_builder 2022/08/10
ブログ

理科や地理で、水は「温まりにくく冷めにくい」、岩盤は「温まりやすく冷めやすい」、この性質を持っているせいで、夏と冬で異なる風向きの季節風が吹くと言われていますよね。この「温まりにくく冷めにくい」「温まりやすく冷めやすい」とは、いったい何の違いなんでしょうか?これは「比熱」の違いによるものです。「比熱」とは、物質1gの温度を1℃上昇させるのに必要な熱量のことです。つまり、「温まりやすい」とは物質1gの温度を1℃上昇させるのに必要な熱量が小さい(比熱が小さい)ということです。物質の温度が上昇した後は、受け取った熱を外に放出し温度が下がっていきます。比熱が大きい物質ほど、熱を放出するための時間がかかるため「温まりにくく冷めにくい」という結果になるのです。特に水は比熱が大きいことで有名ですね。比熱についてわかりましたか?

NEW

  • 「仕事率」で仕事を効率化‼~中学理科

    query_builder 2022/10/03
  • 携帯の画面が...

    query_builder 2022/10/01
  • 創志学園高等学校の説明会

    query_builder 2022/09/30
  • 面積2等分の直線シリーズ② 平行四辺形の面積

    query_builder 2022/09/29
  • 面積2等分の直線シリーズ① 三角形の面積

    query_builder 2022/09/27

CATEGORY

ARCHIVE