Blog
ブログ

マグマのねばりけと二酸化ケイ素

query_builder 2022/09/24
ブログ

中学1年生でマグマの粘り気や火山の形について学んだことはあるでしょうか?火山の形は、マグマの性質によって変わってきます。このマグマの性質には、二酸化ケイ素という物質が大きくかかわっています。に酸化ケイ素は水晶の原料となっていることから、含有量が多いと白っぽくなり、粘り気が強くなっていきます。このことから、溶岩ドームは白っぽい見た目をしており、粘り気が強いため爆発的な噴火になる。楯状火山は黒っぽく(に酸化ケイ素の含有量が少ない)、粘り気が弱いために噴火は弱くなっています。このように、深い知識と関連付けて覚えるといいですね。

NEW

  • 国産牛肉が安く見える

    query_builder 2022/12/05
  • 外来生物は悪者?

    query_builder 2022/12/04
  • 薄毛(はげ)対策に海藻は本当?

    query_builder 2022/12/03
  • 動脈血・静脈血・動脈・静脈...は?

    query_builder 2022/12/02
  • 金属を塩酸に溶かす→蒸発させる→でてきたものは?

    query_builder 2022/11/30

CATEGORY

ARCHIVE