Blog
ブログ

「仕事率」で仕事を効率化‼~中学理科

query_builder 2022/10/03
ブログ

中学3年生の皆さんは、理科で「仕事」について勉強したでしょうか?理科では、力を加えた向きに移動させたときを「仕事をした」といいます。この仕事[J] は、力の大きさ[N]×力の向きに移動した距離[m]で計算することができます。しかし、やはり仕事というのはすばやく多くの仕事をする方がいいですよね。それを表すのが「仕事率[W]」と呼ばれるものです。仕事[J]をかかった時間(秒数)でわることで計算できます。かかった時間が短いほど、分母が小さくなり、仕事率[W]は大きくなります。仕事率[W]が大きいほど、仕事の効率がよいというわけです。仕事率[W]を使って、仕事が効率的にできているか調べたくありませんか?

NEW

  • 国産牛肉が安く見える

    query_builder 2022/12/05
  • 外来生物は悪者?

    query_builder 2022/12/04
  • 薄毛(はげ)対策に海藻は本当?

    query_builder 2022/12/03
  • 動脈血・静脈血・動脈・静脈...は?

    query_builder 2022/12/02
  • 金属を塩酸に溶かす→蒸発させる→でてきたものは?

    query_builder 2022/11/30

CATEGORY

ARCHIVE