Blog
ブログ

はちみつには芽胞がいっぱい!乳児の天敵「ボツリヌス菌」

query_builder 2022/05/14
ブログ

はちみつの中にはボツリヌス菌という偏性嫌気性菌(酸素がないところしか生存できない菌のこと)が混ざることがあります。このボツリヌス菌は乳児の腸内で増加するという性質があります。はちみつの中では芽胞(殻の中に閉じこもった形)で存在していますが、腸内に入るとボツリヌス菌が増殖し、毒素を出します。そのため、1歳未満の乳児にははちみつを食べさせてはいけないのです。健康的なはちみつも時には害になる、食品は奥が深いですね。

NEW

  • たまごの黄身は何のため?

    query_builder 2022/05/26
  • メダカの卵のあわの正体は?

    query_builder 2022/05/25
  • 岡山南高校の特色

    query_builder 2022/05/24
  • 辛口きのこ「ドクベニタケ」

    query_builder 2022/05/23
  • おむつ必須の魚「バラムツ」食用にはご用心

    query_builder 2022/05/22

CATEGORY

ARCHIVE